2011年07月13日

Lime(Calamansi) シンガポールの果物

Lime(Kalamansi/Calamansi)
IMG_0122_1.jpg

やっと登場!Lime(Calamansi)です。
日本でライムと言えば、緑色のレモンよりちょっと小ぶりな硬く強烈な香りを持つ果物(Citrus aurantifolia)ですが、こちらでライムと言えばほとんどの場合、直径2〜4cm位のスダチやシークヮーサーに似た球形の果物(Citrus microcarpa)のことを指します。
お店によっては、こちらのライムの事をKalamansiとかCalamansi(カラマンシー)と表記してある場合も無いわけではありませんが、Limeとしか書いてなければ、ほぼ100%カラマンシーです。

英語ではCalamondin、中国語や日本では四季橘/四季柑と呼ぶそうです。

日本では一見、馴染みが無いように思っていましたがシークヮーサージュースには大抵このカラマンシーが混ぜてあるらしいので、日本でも知らずに飲んでいたみたいです。

味はレモンほど酸味は強くなく、本家ライムほど香りも強くなくマイルドな感じです。(わずかにえぐみがあるかな?)

使い道は本当に沢山!
レシピにレモンとかライムと書いてあるものほとんど、カラマンシーに置き換えても違和感がありません。
魚料理の仕上げに一絞りしたり、ヨーグルトとカラマンシーの絞り汁を混ぜてチーズケーキ風にしたり。

また、めんつゆ、カラマンシーの絞り汁と酢をまぜたポン酢醤油モドキも結構イケます。たまたま持っていた柚子の皮の粉を加えたら、柚子ポンに大変身。常夏のシンガポールでは、冷奴や冷しゃぶと大活躍しています。

料理だけでなく、Lime juiceはフードコートやレストランでの定番。老若男女みんなに愛されています。

とにかく使い勝手の良いカラマンシー、お値段も1パック1ドル程度とお安いのく嬉しいかぎり。我が家の冷蔵庫には常にカラマンシーが入っています。

さて、今日は何にカラマンシーを絞りましょうか^0^






posted by T at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。